鹿児島大会の概要

主催団体について

鹿児島の情報化を応援します!

NPO法人 鹿児島インファーメーション

インターネットを始めとする IT(情報技術)は、社会の仕 組みや在り方、人々の考え方にまで変化をもたらしつつあります。近年の急速な IT 化という流れは、新しい文明を築きつつあると言ってもよい状況です。このような中で IT を活用する全ての現場や分野において調査・研究・教育・指導・啓発などの諸活動を行い、鹿児島県に暮す人たちの生活向上や企業に貢献する事を目的として2006年に設立されたNPO法人です。

Message

鹿児島インファーメーションは、「日本の中心から遠く離れている鹿児島だからこそ、ITを積極的に活用して豊かな地域社会を実現し、世界に通用する鹿児島県になっていきたい!」という想いで、県内の教育機関関係者・IT企業関係者・理念に共感した一般の方々を中心とした有志で活動しています。

キッズプログラミングコンテストが、鹿児島のこどもたちにとってITの可能性を感じる機会、そして新たなチャレンジへのきっかけとなることを願っています。

NPO法人鹿児島インファーメーション
理事長 森邦彦

審査基準について

企画力

■発想力
■独創性
■アイディア
■問題発見力
■遊び心

表現力

■表現力
■メッセージ性
■テーマ性
■情報モラル
■創意工夫

技術力

■論理的思考力
■プログラミング力
■知識力
■配意力
■判断力

伝える力

■ユーザービリティ
■思いやり
■プレゼンテーション力

コンテスト運営委員

コンテスト実行委員長
キッズプログラミング教室
IT Kids LaB(アイティーキッズラボ)
代表 伊牟田 雅子
鹿児島大学大学院
理工学研究科 准教授
渕田 孝康

合同会社CoCoDigi
代表社員 富田 貴子
キッズプログラミング教室
ニコプロ
代表 青木 裕佳
株式会社現場サポート
商品開発部長
CoderDojo鹿児島 運営
川畑 勇喜

コンテスト概要の詳細

コンテストの種類作品提出タイプ
…自身が制作した作品を提出し、その企画力や完成度を競うコンテストです。
募集期間 令和3年(2021)7月1日から、9月30日まで
募集テーマ 「鹿児島の魅力」
募集部門 <スクラッチ部門>
スクラッチ1.4、スクラッチ2.0、スクラッチ3.0、

 で作成されたプロジェクトファイルを募集しています。
応募資格鹿児島在住の、小学1年生~中学3年生
グループ応募する場合は、3人以下。
応募は、1名(または1グループ)何作品でも可能。
応募方法(その1)WEB応募
(その2)電子メールに添付
(その3)記憶媒体を郵送

参加料 無料
総合グランプリ、総合準グランプリ、学年別優秀賞、協賛企業賞
優秀な作品には、賞状および副賞(iPad、Kindle、micro:bit など)の授与を予定しています。
表彰式時期:2022年 冬
会場:
審査基準「企画力」「表現力」「技術力「伝える力」

後援

鹿児島県教育委員会

鹿児島市教育委員会

協賛

株式会社アイテクス
株式会社 オーサム・ベース
株式会社現場サポート
株式会社シナプス
GMOペパボ株式会社
アイティーキッズラボ
株式会社アクティブスタイル
有限会社イーコミュニティ.コム
株式会社インパクト
株式会社WISHシステムコンサルティング
エイチタス株式会社
合同会社CoCoDigi
株式会社099
トータル・ソフトウェア株式会社
中川運輸株式会社
南国システムサービス株式会社
ニコプロ
日本生命保険相互会社
株式会社フォーエバー
株式会社富士通鹿児島インフォネット
株式会社南日本情報処理センター
南日本ハウス株式会社
一般社団法人モノづくりXプログラミング for Shinagawa
吉冨商事
株式会社リリー

メディア協力

一般社団法人 チェスト連合
株式会社南日本リビング新聞社
個人協賛

足立 崇 様 / 小森 友美 様 / 永山 邦哉 様